ホーム > How to > 静岡県で住まいを探す!新年を新しい住まいで迎えませんか?

静岡県で住まいを探す!新年を新しい住まいで迎えませんか?

2018年も残すところ1ヶ月ほど。
新年を新しい住まいで迎えることができたら、心機一転、良いスタートが切れそうですよね。

今からならまだ、年内の引越しに間に合うことも可能です!
今回はそんな、新年に向けての住まい探しのポイントをご紹介します。

新年を新居で迎えるなら、すぐに入居できる「完成済みマンション」がオススメ

販売中のマンションには、「建築中のもの」と「すでに完成しているもの」があります。

「建築中のマンション」を契約する場合、ドアやフローリングなどの建具のカラーや間取りのメニュープランを自由にセレクトできるというメリットがあります。
まだ販売が開始して間もないマンションであれば、選べる住戸プランの幅も広くなりますよ。

しかし入居できるのはもちろん、マンションが完成してから。
場合によっては、契約から入居まで1年以上の期間が空いてしまうこともあります。
現在賃貸に住んでいるといった場合には、その期間の家賃は払い続けなくてはいけないというデメリットもありそうです。


▲「建築中のマンション」「完成済みのマンション」それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、後悔しない住まい選びをしたいですね。

では、「完成済みのマンション」の場合はどうでしょう?

完成済みのマンションの場合、カラーや間取りのセレクトはできないことがほとんどですが、モデルルームではなく、実際のお部屋を見学することができるというメリットがあります。
実際に自分が住むことになるお部屋の日当たりや風通し、眺望などをチェックできるほか、図面や完成予想CGではなかなかイメージしづらいエントランスなどの共用部も自分の目で確かめることができるんですよ。

 
▲写真左:「ザ・エンブル七間町」607号室モデルルーム、写真右:「ザ・エンブル七間町」エントランスホール。
気になるポイントを実際の物件で細かく確認できるのは、「完成済みマンション」ならではのメリットです。

さらに、すでに入居が始まっているマンションであれば、「きちんと掃除は行き届いているか?」などの管理の様子や「同世代の家族はいる?」といった居住者の様子も見学時にチェックすることができます。

契約後にすぐに引っ越すことができるので、賃貸に住んでいる場合の家賃負担も少なくなりますし、住宅ローンの金利変動のリスクが少ない(住宅ローンの金利は、マンションの引渡し時のものが適用されるため)といった金銭面でのメリットもあります。

「できるだけ早く引越したい!」という場合には、「完成済みマンション」に注目してみることがオススメですよ。

マンション生活で、寒い冬も快適♪

これからの寒い季節、家の中だけでも暖かく保って、居心地の良い環境を整えたいですよね。

新築分譲マンションは断熱性や気密性が高められた構造になっているものが多く、真冬でも室内の温度が下がりにくいと言われています。
また、一戸建ての住宅と比較すると窓などの開口部も少ないので冷暖房の効率が高くなるといったメリットも考えられます。

さらに、住まい選びの際は設備仕様にも注目です。


▲「エンブルリバーガーデン長泉」のモデルルーム。
「エンブルリバーガーデン長泉」には、冬でも暖かく過ごせる「電気式床暖房」が採用されています。
バスルームにはヒートショック現象の予防にもなる「浴室暖房乾燥機」も設置されていますよ。

もし、床暖房や浴室暖房乾燥機といった設備をリフォームなどによって後付けしようとすると、高額な費用がかかることも…。
入居後に「やっぱりあの設備が欲しかった!」となることがないように、しっかりとチェックしておきましょうね。

引越す時期によって、引越し費用が異なる場合も。

1年で引越しをする人が最も増えるのは、3~4月の期間と言われています。
これはもちろん、転勤や子どもの進級・進学に合わせて引越す人が多いためです。

この期間は引越し業者もてんてこ舞い!
希望日に引越しの予約ができないことも多く、また料金も一年で一番高くなるという傾向があります。

そのため、可能であれば少し早めの12月に引っ越すという選択はいかがでしょうか?

しかし同じ12月でも、年末に近づくにつれて「年内に引越しを終わらせたい」という人の引越しニーズが集中することが予想されるため、注意が必要ですよ。


▲マンション購入の際は、住戸の購入費用に加え、家具や家電の購入などで費用もかさみがち。
“引越しハイシーズン”を避けて、引越し費用を抑えるのも賢い選択だと思います。

 
===================
「即入居可」の完成済みマンションでも、入居までには購入申込みや住宅ローンの審査、契約などいくつかのステップを踏む必要があります。
余裕をもって住宅購入を進め、新年を新しい住まいで迎えるためにも、早めの検討開始をオススメしますよ。

MENU