ホーム > How to > 静岡県で、災害に強い住まいについて考える

静岡県で、災害に強い住まいについて考える

前回は、いつ起こるか分からない自然災害とどう向き合うか、また日頃から備えておくべき事項についてご紹介しました。
今回は災害への備えとして「災害に強い住まい」について考えてみたいと思います。

マンションと戸建て、地震に強いのはどっち?

一般的に、マンションのほうが戸建ての家よりも自然災害に強いと言われています。
その理由は、木造で建築されることも多い戸建ての住まいに対して、マンションの場合は鉄筋コンクリートで建設されることがほとんどで、マンションのほうが建物の強度が高いとされているから。

さらにマンションを建設する際には、その場所の地盤調査がしっかりと行われ、その土地に合った強固な構造・工法で建てられます。
地盤調査の結果によって、必要に応じて建物を支えるための杭を地中深くまで打ち込んだり、杭を必要としない場合でも強固な地盤の上にしっかりとした基礎を組んで建設されているので、地震による大きな揺れや液状化、津波などが起きても、建物がきちんと残る可能性が高いんです。


▲戸建てではコスト面で限界があるものの、マンションのような大きな建造物だからこそできる地盤調査や工法があるということですね。

そして、戸建て・マンション両者に言えることですが、1981年に建築基準法が改正されたことで、震度6強~7程度でも倒壊しない建物(耐震等級1)を建てることが義務付けられるようになりました。

1981年以降に建てられた物件では、上記のレベルの地震が起きても耐えることができると考えられますし、またマンションなどの中には、「耐震等級1」以上の「耐震等級2」や「耐震等級3」で建てられているものもありますから、住まい選びの際にはこの「耐震等級」にも注目してみてくださいね。

マンションの共用設備には、災害への備えがされているものも。

マンションの共用設備というと、綺麗なエントランスやラウンジ…が浮かびますが、中には災害時に役立つ設備が備えられているものもあります。

例えば、長時間使用可能な「非常用発電機」や大型の「災害用仮設トイレ」、災害時でも生活用水を確保することができる「災害用井戸」などは、なかなか一般の家庭では準備しておくことが難しいもの…。
こういった大規模な災害対策があらかじめされていることも、マンションに暮らす上でのメリットと言えそうです。


▲マンションには、同じ住まいに暮らすご近所さんが多いというのも安心感に繋がりそう。
いざというときに助け合えるように、普段からコミュニケーションを取っておくと良いですね。

さらに共用設備として大きな防災倉庫を備え、その中に災害時に必要な救急用具や救出・救助のための工具、食料や飲料水などの防災備品を備蓄しているマンションもあります。
ご自身の家庭でしっかりと備蓄をしておくことも大切ですが、困った時はマンションの備蓄もある!と思うと、安心感がさらに高まりますよね。

「免震構造」のマンションを選ぶのもオススメ

マンションの広告で、「耐震構造」「制震構造」「免震構造」…といった言葉を耳にしたことはありませんか?
これらはすべて、地震の際に建物への損傷が少なくなるように考えられた構造なのですが、それぞれに違いがあります。それぞれの違いを見てみましょう。


※上の図は「ザ・エンブル七間町」のものです。

■耐震構造
建物の強度を強くし、揺れに耐える構造。
地震の揺れが直接建物に伝わってしまうため、建物が激しく揺れ、部屋の中の家具が転倒したり、建物が損傷してしまうこともあります…。

■制震構造
建物の内部にダンパーなどの制震部材を入れ、地震のエネルギーを建物に吸収する構造。
耐震構造よりは揺れが抑えられるため、建物の損傷は少なくなりますが、家具の転倒などには注意が必要です。

■免震構造
建物と基礎の間に、積層ゴム支承やオイルバンパーなどの免震装置を設置し、地震の揺れを建物に伝わりにくくする構造。
大きな地震の際も建物全体がゆっくりと平行に揺れ、建物の損傷や室内の被害も軽減することができます。

「マンションの構造」というと専門的で難しそうですが、こういったところにも注目して安心して暮らすことができる住まいを選びたいですね。
 

住まい選びの基準は人それぞれですが、いざというときのことも考えて、「災害対策」に注目してみるのも良いかもしれませんね。

MENU