ホーム > How to > 静岡県に暮らす上で考える、自然災害への備えとは?

静岡県に暮らす上で考える、自然災害への備えとは?

災害は予期なく突然やってくるもの。
日本各地での豪雨や台風、地震など、多くの災害のニュースが世間を騒がせているのも記憶に新しいですね。
このようなニュースを目にする度、あらためて災害への意識を強くもたなければと再認識された方も多いのではないでしょうか?

東海地震や南海トラフ地震がいつか起こると言われている昨今、静岡県で暮らしている・暮らすことを考えている方も、自然災害への備えは他人事ではありません。
そこで今回は、様々な災害の「もしも」への備えについて考えてみたいと思います。

暮らす土地の状況を把握できる「ハザードマップ」をチェック!

接近してくる台風や大雨には天気予報などをチェックしてある程度の予測や対策ができても、地震については難しいのが実状です。
最近では、地震の直前にアラートしてくれるアプリなどもありますが、これを聞いてから避難準備をしていては遅くなってしまいます。

では日頃、様々な災害が起こる前に何を準備しておくと良いのでしょうか?

まずは、今住んでいる場所の立地条件を確認しておきましょう!


▲「ハザードマップ」では、地震や津波、土砂災害、河川の氾濫などによって想定される被害の程度やエリアを確認することができます。
「今住んでいる場所がどのようなエリアなのか?」を知っておくことも大切ですが、家探しのタイミングでチェックするとその土地の安全性を知ることができますよ。

ハザードマップは、国や各市町村で用意されていて、インターネットでも見ることができるものもあります。
「どこが浸水する恐れがあるか?」「土砂災害の危険があるか?」「どこが揺れやすいか?」「活断層はどこにあるか?」などなど…すべての自然災害に対して安全な場所!はなかなかありませんが、予めこういった情報を知っておけると、いざという時に備えて適切な対策や準備をしておくことができそうですね。

■静岡市 防災情報マップ:https://www2.wagmap.jp/shizuoka-hazard/Portal

もしもの時の避難所の場所や避難経路を確認しましょう!

いま住んでいる家の地区で指定されている避難所や避難地の場所を知っていますか?
台風や大雨での被害が予測される場合や地震などによって家での生活が難しくなってしまった場合には、避難所に避難しなくてはならないことも考えられます。

避難所の場所も、先ほどの「ハザードマップ」に記載されていることが多いので要チェックですよ!


▲近くの学校や公民館などが避難所に指定されていることも多いです。
学校が関係するのは子育て世代だけとついつい思ってしまいがちですが、いざという時は地域みんなの頼れる場所になってくれそうですよ。

また、避難所の場所と一緒に確認しておきたいのが、家から避難所までの道のりについて。
「いつも通っている道だから…」「知っている場所だから大丈夫!」と思わずに、いざという時に倒れてきそうなブロック塀や崩れそうな建物がないかなどを歩いて確認しておけると安心ですね。

またお子さんのいる家庭では、通学路を一緒に歩くなどして、いざという時でも安全に帰れるように、危険な場所がないか確認しておくことも大切です。
平日の昼間に災害が起こると、家族がバラバラの場所にいる可能性も考えられますから、避難場所や連絡方法などを事前に擦り合わせしておけるとさらに良いですね。

家族で確認と対策を!家の中の「危険な場所」「備蓄品」

住まいの立地の状況や、周辺の避難所の場所が分かったら、最後に家の中もチェック。
家具の転倒や落下物の危険性がないか?を確認して、もし危ない場所があれば固定や補強をしておきましょう。


▲これから家探しをするのであれば、「収納の多い住まい」を選ぶのも一つの手。
あらかじめ備えられているクローゼットなどを利用すれば他にタンスを置く必要がなくなり、普段からお部屋を広く使えるだけでなく、地震などで倒れてくる心配がなくなります。

そして、備蓄品の準備と定期的なチェックも行っておきましょう。
缶詰や乾物、カップラーメン、レトルト食品など、普段から家にあって保存の効く食品をストックしておくのがオススメですよ。

水に関しては、1人1日3リットルを最低3日分用意しておくことが推奨されていますが、断水は1週間以上続く可能性も高いため、1週間分の備蓄が望ましいとされています。
日常的にミネラルウォーターを飲んでいる場合は、常に何箱かをストックしておくと良いかもしれませんね。


▲断水や停電などどんな被害が起こるか、いざという時がどんな季節にやってくるか…は予測できませんから、様々な状況に対応できるように食料以外もしっかりと準備しておきましょう。

自然災害が起こってしまうことはどうしても避けられません。
いざというときに慌てなくて良いように、しっかりとした準備と知識を身に着けておきたいですね。

MENU