ホーム > How to > 静岡でマンション購入時に知っておきたい!
マンションは管理が大事!

静岡でマンション購入時に知っておきたい!
マンションは管理が大事!

静岡県で住まい探しをする際、駅や学校・スーパー・役所などの生活施設との距離、間取りや広さ、設備仕様…に注目して物件探しをするという方は多いと思いますが、「マンションの管理」に注目したことはありますか?

今までは戸建て住まいで…といった方には、「マンションの管理」といってもあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、マンションの管理がしっかり行き届いているかどうかは永く暮らしていく上でとっても重要なポイント。
大切な資産を守ることにも繋がるんですよ。

そこで今回は、「マンションの管理」について、詳しく考えてみたいと思います。

「管理会社」って何?どんなことをしてくれるの?

まず、マンションの管理のためには区分所有者(入居者)全員により管理組合が結成されます。
とはいえ「マンションの管理」と一口に言っても、その内容は下記のように多岐に渡ります。

・清掃業務:エントランスや共用廊下など、共有部分の掃除
・設備の保守点検や修繕:エレベーター、給排水管、駐車場などの建物の設備の点検
・管理人業務:来客者の受付、各種点検の立会いなど
・事務・会計業務:管理組合の会計、大規模修繕の計画など

清掃業務や管理人業務は毎日のように日常的に行う必要がありますし、事務や会計の業務は専門的な知識も必要そう。
これらの内容を、他に本業をもつ人たちも多くいる管理組合で行うのって、ちょっと難しそうですよね。

そのため、これらのお仕事を委託するのが「管理会社」。
静岡県の新築分譲マンションでは、管理組合結成後に管理会社に管理が委託されていることがほとんどです。

管理会社の業務内容は、管理組合と結ぶ「管理委託契約書」の内容によって、それぞれの物件によって違いがありますが、プロの目線と知識でマンションの運営をサポートしてくれますよ。

きちんと管理されていないと、資産性や安全面にも影響が出る!?

マンションの管理がきちんとされていることは快適に暮らすことができるだけでなく、マンションの資産価値や安全性を守ることにも繋がります。

新築時はピカピカだったマンションも、時が経つにつれて少しずつ劣化していきます。
しかし、日常的にきちんと清掃や手入れをし、適切な修繕などを行えば劣化のスピードを抑えることが可能です。

同じ立地条件の築20年のマンションでも、「エントランスや植栽が綺麗に清掃・整備されたマンション」と「エントランス周りには枯れ葉がいっぱいで寂れたマンション」では、前者の方が売却や賃貸に出す時も人気がありそうですし、資産価値が高そうですよね。

さらに安全面でみても、日常的に管理会社(管理人さん)によって、設備の点検が行われていれば、ある日突然エレベーターが動かない!なんていうことや、いざという時に防災設備が故障していて使えない…なんていう事態も減らすことができます。

マンションの管理は、身近な毎日の生活の快適さだけでなく、長く将来を見据えたときの大切な住まいの資産価値や、いざという時の安全性を守ることにも繋がるんですね。

「マンションの管理」に入居者自身が関心を持つことも大切です。

マンション管理を管理会社に委託していても、管理の主体はやはり、所有者全員で結成される「管理組合」にあります。

ゴミ出しや駐輪場の使い方などの生活していく上での細かいルール決めや、管理費や修繕積立金などの金額や使われ方が適正か?などを管理組合の総会に出席したり、決算書や報告書などを読んだりしてしっかりとチェックしマンション運営に参加することが、毎日の生活を快適にしたり、資産価値を守ることにも繋がりますよ。


▲マンション管理への積極的な参加によって住民同士の関係性も築けていれば、いざという時の安心感にも繋がりますね。

いかがでしたか?
静岡県でマンション購入を考える際は、住み始めたあとの「マンションの管理」にも目を向けて考えてみてくださいね。

MENU